1. トップページ|
  2. 盗撮対策情報|
  3. 盗撮に関するQ&A
盗撮対策情報

小型隠しカメラ通販専門店のJPセキュリティ

8,000円(税込)以上のお買い上げで送料無料!

◆ 盗撮は犯罪行為です

盗撮に関するQ&A

<盗撮とは何ですか?>
盗撮(隠し撮り)は、被写体や対象となるものの管理者に了解を得ずにひそかに撮影を行うことをいいます。 最近では、プライバシー侵害行為や女性のスカート内部を撮影するなどの、破廉恥行為としての盗撮が問題となっています。
<盗撮の目的は?>
男性の性的な欲求を満たす目的で自ら盗撮行為をするケースと、営利目的で盗撮した画像や動画をインターネットを通じて有料販売・閲覧を行う。「盗撮 動画」や「トイレ盗撮」等のワードでググってみるとたくさんのアダルトサイトが出てきます。
<被害者は?>
若い女性が中心ですが、マニアックな映像を求める人も数多く存在するので女性全般が対象です。中には少年を対象とした盗撮もあるようです。 女性が裸になる場所(トイレ、浴室、更衣室、ラブホ)で盗撮されているケースが多いといえます。また、駅のエスカレーター、ゲームセンター等でもスカートの中を盗撮されることが多い場所です。
<盗撮する人たちは誰?>
毎日のように盗撮に関するニュースが流れています。盗撮する人に中には、警察官・公務員・自衛官・教師・弁護士等といった社会的地位のある人による盗撮事件も頻繁に起きています。
<盗撮する機材は?>
「盗撮機」といった名称では販売されていません。盗撮の多くに使われているのは、
・スマホやカメラ付き携帯
・ビデオムービー
・デジタルカメラ
・偽装型小型ビデオカメラ 等
これらの盗撮カメラを使っての盗撮することが非常に多いようです。 他にもピンホール型カメラ、無線式小型カメラを使った盗撮もあります。
<暗い場所も盗撮できる?>
赤外線カメラを使用すれば(白黒の映像)、鮮明に映すことができます。暗いから大丈夫だとは危険です。
<盗撮は違法?>
スマホやカメラ付携帯電話、デジタルカメラ等により女性のスカート内を盗撮する行為は、「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(迷惑防止条例)」の「卑わい行為の禁止」違反により厳しく処罰されます。
<衣服も透けて見える?>
ビデオカメラ等に赤外線フィルターを使用すれば、衣服を透かして中の体を映すことができます。最近では、カメラ付き携帯専用の赤外線フィルターが売られているので、携帯でも裸同然の画像を撮ることができるので、注意が必要です。
<盗撮は予防できるか?>
周囲になるべく注意を払うことが大切です。不審者などの存在に関しては当然として、女性の場合は、更衣室、トイレ・浴場などの場に不審な荷物が不自然な角度で置かれていないかをチェックしましょう。 スカートを穿いているときは、特に後方に不審者がいるかもしれませんので注意してください。

盗撮対策情報一覧

↑ PAGE TOP


Copyright(c) 2017 JP-Security. All Rights Reserved.