50代~60代に効果的な精力剤ランキング
勃起力アップ.net
50代~60代に効果的な精力剤ランキング
Release: 2020/02/05 Update: 2020/02/06

精力剤には副作用があるのか?

副作用
精力剤には副作用があるのでしょうか?

 

精力剤を飲もうとしている多くの人が気になっていることだと思います。

 

精力剤の副作用があるかどうかは種類によって異なります。

 

ここでは、精力剤を、①強精剤、②強壮剤、③勃起薬、の3種類に分類して、それぞれの副作用について解説します。

強精剤には副作用がある?

まずは、強精剤の副作用の有無について、ご紹介します。強精剤は副作用が生じる可能性があります。医薬品に分類されるものだからです。

 

どのような副作用が生じる可能性があるかというと、以下のようなものが挙げられます。

  • 発疹~体の表面にあらわれた目で見える病変
  • 発熱~37.5度以上を発熱、38.0度以上を高熱
  • 肝機能障害~血液の肝機能検査で異常値を示している
  • 男性ホルモンの分泌量低下~筋肉量が減少し、それに伴い脂肪の代謝が悪化

このような副作用が現れるリスクがあることを把握しておきましょう。

医薬品に分類されるため、上記の最初の3つの副作用は仕方がないということもできます。

しかし、男性ホルモンの分泌量低下に関しては注意が必要です。

 

強精剤は、男性ホルモンに作用して、精力アップを図るものです。

 

男性ホルモンを補給するような効果を期待できます。しかし、その反面、自信から分泌されるホルモン量が減少してしまう恐れがあるのです。

 

したがって、実際に服用する際には医師に相談した上で飲むようにしましょう。

万が一、副作用が生じた場合はすぐに使用をやめて、医師に相談するようにしてください。

強壮剤には副作用がある?

強壮剤は副作用の心配はありません。

基本的に天然の成分を配合しているため、安心して摂取することができます。

 

ただ、体質には合わない可能性があるため、その場合は胃に不快感を感じたり、アレルギー反応が起きることもあります。

 

そのようなことが起きたら、すぐに医師に相談して支持を仰ぎましょう。

勃起薬には副作用がある?

勃起薬には副作用が生じてしまう可能性があります。

なぜなら、勃起薬に該当する者はすべて医薬品に当てはまるからです。

勃起薬の副作用としては、以下のようなものが考えられます。

  • 動悸~心臓のドキドキという動きが、何もしなくてもわかる状態
  • 頭痛~頭痛の誘因や症状はいろいろ
  • 顔のほてり~顔がぽっぽとして熱くなる
  • 肝機能障害~血液の肝機能検査で異常値を示している

このような副作用は生活習慣病を抱えている人だと、さらに発症する危険性が高まってしまいます。

 

勃起薬は先にも書きましたが、医薬品なので医師に診断してもらった上で処方してもらうようにしましょう。

まとめ

 ここまで、精力剤に副作用があるのかについて解説してきました。

どのような精力剤を使用したとしても、副作用が全くないということはありません。

副作用のリスクを把握した上で、正しい方法で使用していくことが大切です。



コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。